保険の矯正治療

 当院は、顎口腔機能診断施設および歯科矯正診断料算定の指定医療機関に指定されてます。そのため、厚生労働大臣が認める疾患による歯並びの異常に対する矯正歯科治療については、保険内で治療を行うことが可能です。

 さらに、指定自立支援医療機関にも指定されているため、当院での矯正治療は自立支援医療の対象となります。

  1. 顎の変形に対する手術が必要な矯正歯科治療
  2. 永久歯の前歯が3つ以上骨に埋まって萌出してこない場合の矯正歯科治療
  3. その他、厚生労働大臣が認める疾患による歯並びの異常に対する矯正歯科治療
  • 詳しくは、当院にお問い合わせください。または、日本矯正歯科学会のホームページをご覧ください。

http://www.jos.gr.jp/facility/

 

院長の口蓋裂治療との関わり

広島大学 歯学部を卒業後、広島大学病院にて研修医を修了し、口蓋裂の治療を専門としている関西の開業医で修行をした後に、米国のアイオワ大学、耳鼻咽喉科および矯正歯科へ留学。そこで、アメリカ口蓋裂学会会長を歴任したDr. Michael Karnellのもと、口蓋裂チームの一員として、口蓋裂の包括的な治療について研鑽を積み、アメリカにて最先端の矯正歯科治療について学ぶ。帰国後、広島大学大学院 矯正歯科に入局し、乳歯由来の幹細胞を用いた口蓋裂に対する再生治療の研究に携わりながら、矯正歯科の臨床について学ぶ。

Scroll Up