Dental treatment

治療の種類

子どもの歯並び治療

5歳〜12歳くらいまでの成長期のお子さんが対象の矯正歯科治療です。主に顎の成長に悪影響を及ぼす歯並びを改善する治療を行います。見た目の改善だけではなく、食べること、話すことの機能の改善を最終目的として、健やかなお口を獲得するための治療になります。

矯正装置を装着するとお口の中が複雑になり、虫歯になりやすくなったり、歯茎が腫れやすくなったりします。お子さんが正しい歯磨きを習得できるように、イロドリ矯正歯科スタッフ一同でサポートします。

成長をコントロールする治療

  • 出っ歯さん(上顎前突)、受け口さん(下顎前突)、開咬などに対する治療を行います。
  • 歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼす歯並びの治療を行います。
  • 歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼす癖(悪習癖)の治療を行います。

見た目の改善だけではなく、食べること話すことの機能の改善を最終目的として、健やかなお口を獲得するための治療を行います。

◎ 治療開始のタイミングは歯並びの状況によって異なります。あごの成長に悪い影響がある歯並びなどの場合は、早ければ5歳ごろから治療を開始します。また、乳歯から永久歯へ生え変わる時期、身長がよく伸びる時期などそれぞれ患者さんにとって適切なタイミングがあります。
◎ 矯正相談にて、適正な検査のタイミングについてアドバイスいたします。まずはお気軽にご相談ください。

◎ 歯に力を加えると、個人差はありますが痛みが生じます。痛みの生じ方や程度は使用する装置によっても異なりますが、加える力を調整することで痛みを感じにくくすることが可能です。当院では、お子さん一人ひとりのペースに合わせて、治療を進めていくように心がけています。

◎ 子どもの基本装置料は300,000円です。その他、検査料、診断料、来院毎の調整料が必要です。
◎ 継続して大人の治療が必要な場合には、大人の矯正治療費から200,000円を値引きします。さらに、検査料や診断料は半額となります。

◎ 子どもの矯正治療で使用する装置は、家にいる時や寝る時だけ使用するものがほとんどです。お口の中にもご自身では取り外しできない装置を装着することがありますが、表からはほとんど見えません。
◎ 矯正装置を装着するとお口の中が複雑になり、虫歯になりやすくなったり、歯茎が腫れやすくなったりします。お子さんが正しい歯磨きを習得できるように、イロドリ矯正歯科スタッフ一同でサポートします。

◎ 子どもから矯正治療を開始することで、大人の矯正治療において抜歯しなくてよくなったり、手術による矯正治療を避けることができたりと治療の選択肢が広がります。さらに治療期間の短縮や治療費の軽減ができることが多いです。
◎ 子どもの矯正治療をしなくても良い場合もあります。まずはご相談ください。

保険適応の矯正歯科治療

当院は、顎口腔機能診断施設および歯科矯正診断料算定の指定医療機関に指定されてます。そのため、厚生労働大臣が
認める疾患による歯並びの異常に対する矯正歯科治療については、保険内で治療を行うことが可能です。

さらに、指定自立支援医療機関にも指定されているため、当院での矯正治療は自立支援医療の対象となります。

1.顎の変形に対する手術が必要な矯正歯科治療
2.永久歯の前歯が3つ以上骨に埋まって萌出してこない場合の矯正歯科治療
3.その他、厚生労働大臣が認める疾患による歯並びの異常に対する矯正歯科治療

・詳しくは、当院にお問い合わせください。または、日本矯正歯科学会のホームページをご覧ください。
http://www.jos.gr.jp/facility/

Scroll Up