どんな歯並びなら裏側矯正できる?

こんにちは。福山駅前のイロドリ矯正歯科です。

 今回は、見えない矯正治療、裏側矯正、リンガル矯正についてお話をします。

 近年、様々な装置の改良や、接着技術の向上、アンカースクリューの活用によって、裏側矯正ができない、歯並びはなくなったと言われています。保険請求上の様々な制限はありますが、手術を併用した矯正治療にも、リンガルブラケットが使われていることもあるくらいです。

 しかしながら、当然一般的に治療の難易度が高いものに関しては、裏側矯正においても難易度が高いです。

 裏側の矯正装置は、力学的に表側の矯正装置とは大きく異なります。詳しいことは省きますが、その特性から、裏側矯正特有の歯の動きをします。

 裏側矯正も様々な装置が出ているため、それぞれ微妙に差がありますが、一般的には下あごの奥歯がアップライトしやすかったり、上あごの前歯が倒れやすかったりします。

 これらを考慮すると裏側矯正に適している歯並びの治療がいくつか挙げられます。

  1. 上下顎前突(上下の歯が出ている、上下の歯合わせて4本抜く場合)
  2. 上顎前突(出っ歯さん、上の歯を2本抜く場合)
  3. 上顎前突ローアングル(かみ合わせの深い出っ歯さん)
  4. 空隙歯列(すきっ歯さん)

 歯を抜く基準は、表側の装置とは違いはありません。マウスピース型矯正装置のインビザラインにおいても同様ですが、使用する装置によって、矯正治療の診断が変わることはありません。

 しかしながら、裏側矯正の特徴をしっかり理解した上で治療を行う必要はあります。

 装置によって、得意な歯の動きと苦手な歯の動きがありますので、それによって補助的な装置を使用する必要があります。場合によっては、治療期間が長くなったりすることもあるので、患者さんに十分な理解をしてもらった上で治療を開始することがとても重要になります。

 リンガル矯正や、マウスピース矯正(インビザライン)をご希望の方は、詳しくご説明をいたしますので、まずは矯正相談だけでもご予約ください。

歯列・歯並び(出っ歯;上顎前突、受け口;下顎前突、ガタガタ;叢生、すきっ歯;空隙歯列、歯が生えてこない;萌出不全、歯が足らない;先天性欠如歯,先天性欠損歯、歯が変なところから生えてきた;異所萌出、歯が多い;過剰歯、後戻り、再治療、顎変形症、口蓋裂など)
でお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずは相談だけでもお気軽にお越しください。
人気のマウスピース矯正(インビザライン)や、オススメの目立たない矯正装置もご用意しています。
スタッフ一同お待ちしています。

https://g.page/irodori-oc/review

福山駅前の矯正歯科専門クリニック
イロドリ矯正歯科
https://irodori-oc.com

小児矯正、成人矯正、目立たない矯正、裏側矯正、
マウスピース矯正(インビザライン)、部分矯正
ホワイトニング

〒720-0066
広島県福山市三之丸町3-3

TEL 084-999-9020
FAX 084-999-9022

 

Scroll Up