東日本大震災から9年

こんにちは。福山市、JR福山駅前の矯正専門クリニックのイロドリ矯正歯科です。

 9年前の3月11日は、東日本大震災が起こりました。東北地方を中心として甚大な被害となりました。

  9年前、私は広島大学病院に勤務しており、勤務中の15時前(正確には14時46分だそうです。)に地震の速報を耳にしました。

 待合室の患者さんがニュースが流れていたテレビ画面に釘付けだったり、関東に実家がある友人が心配そうに実家へ連絡を入れていたりと、当時のことははっきりと記憶しています。その後、被害の大きさが徐々にはっきりとしてきて、自然災害の恐ろしさを痛感させられました。

 今後30年間で70~80%の確率で発生すると言われている、南海トラフ地震。9年前の東日本大震災を機に、防災バッグなどを用意したり、避難経路などを確認したりしてはいるものの、実際に災害を経験したことのない私にとっては全く想像ができません。

 9年の月日が経過して、家族が増え、自分のクリニックがあり、スタッフとその家族、患者さんとその家族など守らなければならないものが増えた今、しっかりと準備をしておく必要があると再確認させられました。

 今後も様々なことに備えながら、備後地域の皆さんに愛され、歯並びに悩みを抱えている患者さんのよりどころとなる矯正歯科クリニックに成長し、皆様のお役に立てることができればと思っています。

 

イロドリ矯正歯科  中島 健吾

 

 

 

Scroll Up