矯正歯科治療前の精密検査について

こんにちは。福山駅前の歯列矯正専門クリニック、イロドリ矯正歯科です。

今回は精密検査の検査結果の説明についてのお話です。

精密検査をして診断がついたら、次は検査結果をもとに矯正歯科治療の目的と方針を決定し、それを患者さんに説明していきます。

具体的には、以下のような項目の説明が必要です。

・矯正歯科治療の目的と治療方針

・治療方法

・矯正装置(どのような装置を使用するか)

・矯正料金の支払い方法

・通院期間ならびに通院間隔

・矯正歯科治療終了までのおおよその治療計画

・矯正歯科治療中の痛み

・抜歯の必要性

・健康保険の適用(顎変形症、唇顎口蓋裂などの特殊な疾患以外の患者さんには適応されない)

それでは各項目について順番にご説明いたします。

〇矯正歯科治療の目的と治療方針

まず、矯正歯科治療の目的を説明する必要があります。

「今回の矯正歯科治療はこういう目的のために、こういうことを行う」と、患者さんに明確に説明します。

〇治療方法

どういう治療方法を採用するか、患者さんにきちんと了解してもらう必要があります。

「これからすぐ矯正歯科治療を開始します」あるいは「もう少し待ってからにしましょう」、「矯正歯科治療だけではなく、外科的な処置も必要です」など、手段や時期、目的は患者さんによって異なります。

一般的に、虫歯や歯周病などほかの疾患があった場合、まずはそうしたものをきちんと処置してから矯正歯科治療に入ります。

しかし中には根管治療など時間のかかる処置もありますので、矯正歯科治療と並行して行う場合もあります。

〇矯正装置

矯正装置についても詳細な説明が必要です。

使用する装置は大きく分けると可撤式と固定式の装置があります。

可撤式は夜間のみ装着するものなど取り外しのできる装置です。

固定式は唇側にある装置と舌側にある装置とに二分されます。また、唇側と舌側の両側にある場合もあります。

さらに、目立つか目立たないか、額外固定装置(口の中の装置だけでなく、頭部や顎にも固定源としての力を加える方法)や、歯科矯正用アンカースクリューなどを使う必要性の有無、ゴムを使う必要性の有無など、さまざまな説明をしなければなりません。

装置の料金を伝えることも重要です。

歯列・歯並び(出っ歯;上顎前突、受け口;下顎前突、ガタガタ;叢生、すきっ歯;空隙
歯列、歯が生えてこない;萌出不全、歯が足らない;先天性欠如歯,先天性欠損歯、
歯が変なところから生えてきた;異所萌出、歯が多い;過剰歯、後戻り、再治療、
顎変形症、口蓋裂など)でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは相談だけでもお気軽にお越しください。
人気のマウスピース矯正(インビザライン)や、
オススメの目立たない矯正装置もご用意しています。
スタッフ一同お待ちしています。
https://g.page/irodori-oc/review

福山駅前の矯正歯科専門クリニック
イロドリ矯正歯科
https://irodori-oc.com

小児矯正、成人矯正、目立たない矯正、裏側矯正、
マウスピース矯正(インビザライン)、部分矯正、ホワイトニング

〒720-0066
広島県福山市三之丸町3-3

TEL 084-999-9020
FAX 084-999-9022

Scroll Up