顎関節症と矯正治療

こんにちは。福山駅前の矯正歯科専門クリニック、イロドリ矯正歯科です。

今回は、口を開けると顎(あご)が痛い、カクカク音がするなどの症状がある場合、矯正治療が可能かどうか、また、治療する際の注意点はあるのかどうかについてお話をします。

まず、上記の口を開けると顎(あご)が痛い、カクカク音がするなどの症状は、顎関節症(がくかんせつしょう)と呼びます。

顎関節症は,う蝕,歯周病にならぶ第三の歯科疾患ともいわれ,学校歯科検診にも取り入れられています。

日本顎関節学会における定義では、以下のように記載されています。

顎関節症は,顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん:噛む時に力のはいる筋肉)の痛み,関節(雑)音(口を開け閉めする時にカクカクもしくはゴリゴリ、ジャリジャリなどの音),開口障害(口が大きく開かない)ないし顎運動異常(下あごの動きが悪い)を 主な症状とするとする。

上記の症状の中で音が鳴るなどの軽度の症状を持っている方は、結構います。統計調査では、約15〜20%と言われ、女性が多いです。また、好発年齢は、20~30歳代と、50歳代にピークを示します。

そのため、歯並びに悩みを抱え、歯並びの相談に来院されている方でも、顎の音がなる方は多いです。

また、顎関節症とひとことで言っても、様々な型が存在します。

一般社団法人 日本顎関節学会が作成している、顎関節症治療の指針 2018では、以下のように分類されています。

1型:咀嚼筋痛障害(そしゃくきんつうしょうがい)
咀嚼筋痛障害は,筋肉の痛みとそれによる機能障害であり、主な症状として、筋痛、運動痛、運動障害があるとされ定sます。

Ⅱ型:顎関節痛障害(がくかんせつつうしょうがい)
顎関節痛障害は,顎関節の痛みとそれによる機能障害です。頭の骨と下あごの骨の間にあるクッション(顎関節円板)の障害、下あごの骨の下顎頭と呼ばれる部分が骨吸収、変形をしてしまっている変形性顎関節症、顎関節への外傷や硬い食物の無理な咀嚼、大あくび、睡眠時の歯ぎしり、かみ合わせの異常などによって顎運動時の顎関節の痛みや顎の運動障害がある状態です。

Ⅲ型:顎関節円盤障害(がくかんせつえんばんしょうがい)
顎関節円板障害とは,顎関節の内部に限局した、関節円板の位置異常ならびに形態の異常による機能的ないし器質的(そのものの形や質)な障害と定義されています。顎関節内障とも呼ばれています。関節円板と滑膜の問題であり、関節円板の転位(位置以上)、変性、穿孔(穴が開くこと)、線維化(硬くなること)に より生じるとされます。復位性関節円板前方転位と非復位性関節円板前方転位とがあります。

Ⅳ型:変形生顎関節症(へんけいせいがくかんせつしょうがい)
関節軟骨、関節円板、滑膜、下顎頭、下顎窩に異常を認め、 症状として関節の雑音(特にクレピタス:捻髪音:持続時間の長い摩擦音)、顎の運動障害、顎関節部の痛み(運動痛,圧痛)のうちいずれか1つ以上の症状を認めます。 非復位性関節円板前方転位を高頻度に認め、関節円板に穿孔や断裂を認めることも 多いです。進行すると下顎頭、下顎窩、あるいは関節隆起は、骨吸収や骨添加により変形します。この変形性顎関節症の罹患率は加齢とともに増加し、発症頻度に性差は認められません。

いずれの場合でも矯正治療ができないということはありませんが、適切な対応が必要ではあります。

以下のようなご質問を受けることがありますので、ご紹介します。

 

『顎関節症だと矯正治療はできないですか?』

矯正治療ができないということはありません。しかし、顎関節症の症状が強い場合には、マウスピースを使用して、症状が落ち着くまで経過観察をするなどの注意が必要な場合があります。その際には、治療開始前に十分に検査を行います。必要に応じて、顎関節のMRIなどの撮影を大学病院などへ依頼する場合もあります。

 
『顎関節症なのですが、矯正治療で治りますか?』

顎関節症と歯並びが関連している場合があります。しかしながら、ほとんどの場合、直接的ではなく間接的もしくは、要因のほんの一部でしかないことが多いです。矯正歯科治療によって顎関節症が完全に治癒することはありませんが、顎関節症を引き起こしている要因の一部を改善することが可能だと言えます。

 

当院では、治療開始前に、問診、視診、触診、画像検査により顎関節症の診査を行います。治療開始前に、顎関節の状態を把握し、治療を始めることが重要です。

歯並びの治療をご希望されており、顎の痛みなどがありご不安を抱えておりましたら、一度ご相談ください。

歯列・歯並び(出っ歯;上顎前突、受け口;下顎前突、ガタガタ;叢生、すきっ歯;空隙歯列、歯が生えてこない;萌出不全、歯が足らない;先天性欠如歯,先天性欠損歯、歯が変なところから生えてきた;異所萌出、歯が多い;過剰歯、後戻り、再治療、顎変形症、口蓋裂など)

でお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずは相談だけでもお気軽にお越しください。
人気のマウスピース矯正(インビザライン)や、オススメの目立たない矯正装置もご用意しています。
スタッフ一同お待ちしています。

https://g.page/irodori-oc/review

福山駅前の矯正歯科専門クリニック
イロドリ矯正歯科
https://irodori-oc.com

小児矯正、成人矯正、目立たない矯正、裏側矯正、
マウスピース矯正(インビザライン)、部分矯正
ホワイトニング

〒720-0066
広島県福山市三之丸町3-3

TEL 084-999-9020
FAX 084-999-9022

Scroll Up