保険適応となる矯正治療

こんにちは。広島県福山市の矯正専門クリニック、イロドリ矯正歯科です。

イロドリ矯正歯科

instagram


 矯正歯科治療は大きく分けて、自由診療と保険診療があります。矯正治療のほとんどが自費による治療、自由診療です。

「どんな治療が保険適応になる?」

日本矯正歯科学会では以下のように記載されています。

自由診療における歯科矯正治療は保険適用外ですが、下記の「別に厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療、ならびに顎の外科手術を要する顎変形症の手術前、手術後の矯正歯科治療、および前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするもの)に限り保険診療の対象となります。これら保険適用される医療機関は、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみになります。

大きく分けての上記の3種類の矯正治療が保険適応となります。

わかりにくいので、まとめると。

1. 生まれつきのご病気で矯正治療が必要

2. 手術を併用した矯正治療が必要

3. 前歯が3本生えてこないため矯正治療が必要

この3種類です。

 1番目は、厚生労働大臣が認めた先天性疾患(生まれつきの病気)に該当して、矯正治療が必要だと認められると保険適応となります。

 2番目は、矯正歯科医が手術を併用した顎変形症と診断した場合に保険適応となります。ご本人とご家族が手術を避けたいとご希望された場合には、手術をさけた矯正治療も可能ですが、その場合には自費診療となります。

 3番目は、最近追加されたものです。歯が生えてこない状態を埋伏歯と呼びます。これが、前歯に連続して3本以上生じている場合に保険適応となります。この場合は、開窓術と呼ばれる手術が必要です。

 一番多いのは顎変形症です。顎変形症とは、字の通りあごが変形して歯並びおよびかみ合わせが悪い状態であり、噛むこと(咀嚼)、食べることが難しい場合に診断されます。

 矯正治療を始める前には、検査が必要です。検査で撮影をするセファログラムと言うレントゲンで診断できます。

矯正治療を始めるまで

治療の流れ

「どこでも保険で治療できる?」

 この3つのどれかに当てはまっていても、どこのクリニックでも保険で治療を受けることができるわけではありません。厚生労働省に認可された施設でしか保険適応にはならないのです。

 顎口腔機能診断施設および歯科矯正診断料算定の指定医療機関に指定されている必要があります。指定されるためには、施設基準を満たしていることと、常勤の矯正歯科医師が治療を行える教育を受けていることが証明された場合です。

 詳しくお話をお聞きしたい場合には、矯正相談だけでもお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 イロドリ矯正歯科での保険の矯正治療

歯列・歯並び(出っ歯;上顎前突、受け口;下顎前突、ガタガタ;叢生、すきっ歯;空隙歯列、歯が生えてこない;萌出不全、歯が足らない;先天性欠如歯,先天性欠損歯、歯が変なところから生えてきた;異所萌出、歯が多い;過剰歯、後戻り、再治療、顎変形症、口蓋裂など)
でお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずは相談だけでもお気軽にお越しください。
人気のマウスピース矯正(インビザライン)や、オススメの目立たない矯正装置もご用意しています。
スタッフ一同お待ちしています。
https://g.page/irodori-oc/review

福山駅前の矯正歯科専門クリニック
イロドリ矯正歯科
https://irodori-oc.com

小児矯正、成人矯正、目立たない矯正、裏側矯正、
マウスピース矯正(インビザライン)、部分矯正
ホワイトニング

〒720-0066
広島県福山市三之丸町3-3

TEL 084-999-9020
FAX 084-999-9022

Scroll Up