マウスピース型矯正治療(インビザライン)治療経過 ②

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療治療 ② (アタッチメントについて)

 当院にてマウスピース型矯正(インビザライン)の治療を開始した患者さんの協力を得て、治療の感想を掲載しています。前回投稿分は、こちらからどうぞ。https://local.google.com/place?id=14184254504064471098&use=posts&lpsid=3934321288728970532

 患者さんは、1日20時間の装着をしていただき、トラブルもなく順調にステップアップしています。

 装置装着にも慣れてきた頃なので、今回はアタッチメントを付けました。写真の矢印が付けたアタッチメントです。

 アタッチメントとは、歯の表面に付ける白いプラスチック(レジン)のことです。インビザライン では、歯の移動を正確にするためにSmartForceアタッチメント(最適アタッチメント)を採用してます。アタッチメントの位置は、患者さんの治療開始時の状態や治療目標・治療計画に基づいて、ソフトウェアが計算して設置します。それを、口腔内の状況や、レントゲンの解析データを元にドクターが微調整します。

 アタッチメントを装着する日の予約は約30~40分程度の診察時間が必要です。歯のクリーニングを行った後に、装着します。アタッチメントは歯と同じ色であるため、写真のようにほとんどわかりません。表面も滑らかですので、違和感も少ないです。患者さん本人も気にならないと言っていました。

 しかし、アタッチメントがあることで、マウスピースの装着が少し難しくなります。そのため、診察の最後にスタッフと一緒に練習をしてもらいました。また、アライナーチューイなどの使用も勧めています。

 マウスピース型矯正治療では、しっかりとマウスピースをフィットさせること、装着時間を守ることがとても大切です。特にアタッチメントを付けた後は、装着が難しくなるため注意が必要です。少しでも、気になることがあれば、お気軽にご連絡ください。

 マウスピース型矯正治療は、矯正歯科の専門家による正確な診断と治療計画の立案が必須です。それだけではなく、患者さんの協力がなければ、安心安全な治療を提供することができません。

 当院では、歯並びに悩みを抱えている患者さんに、適切で安心安全な治療を提供できるよう努めています。今後も、地域の皆様に矯正歯科医療を通じて貢献していきます。

 まず、お気軽に歯並びのご相談だけでもお越しください。スタッフ一同お待ちしています。

 ↓ クチコミ投稿お願いします ↓
https://g.page/irodori-oc/review

福山駅前の矯正歯科専門クリニック
イロドリ矯正歯科
https://irodori-oc.com

目立たない矯正装置、裏側矯正装置、

マウスピース型矯正装置(インビザライン)、

ホワイトニング

〒720-0066
広島県福山市三之丸町3-3

TEL 084-999-9020
FAX 084-999-9022

Scroll Up